昨今、テレビや雑誌の特集などでも、ふるさと納税についてよく聞きますよね。
みなさん、どういう制度だかご存知でしょうか。

「お徳って聞くけど、実際どういう仕組みなのかわからない」
「いざ申し込んだあと、手続きが面倒なのでは?」
などなど、いろんな疑問がある方も多いと思います。

私自身、ふるさと納税をやってみて初めて思ったのですが、ふるさと納税は絶対にやったほうがお徳!!です。
今回はふるさと納税の仕組みについて簡単に、ご説明します。

1.ふるさと納税とは?

簡単に言うと、好きな自治体へ寄付をすることです。
ふるさと納税を行い、必要に応じて確定申告をした場合、2000円を超えた金額が税金から控除されます。
つまり実質2000円の自己負担で各自治体の特産物がもらえる、という物凄い制度です。%e5%b1%b1%e6%a1%9c

2.私はいくら寄付できるの?

それでは、いったい自分はいくら寄付できるのでしょうか。
収入・家族構成・社会保険などの控除により寄付できる上限金額が異なるので、
皆さん各自、以下のサイトなどで計算してみてください。
http://www.furusato-tax.jp/example.html


大体ですが、年収600万円程度のサラリーマン(配偶者は主婦)の場合、寄付金額の上限は65,000円ほどです。この場合、2000円を引いた63,000円が税金から控除されます。

必ず上限額の計算はご自身の自己責任の下で行ってくださいね。
ちなみに管理人はチキンなので、上限額とされる金額より5~10%ほど少なめに上限を設定しています・・汗%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e3%81%88%e3%81%b3


3.どこに寄付すればいいの?

さて、上限金額もわかったところで、いよいよ寄付をしてみましょう!
管理人が使っているサイトは、以下の二つです。用途に応じてチェックしてみてください。
さとふる
良いところ:口コミが読める、申し込んでからお礼品が届くのが早い(1週間前後)
改善点:掲載自治体がふるさとチョイスに比べて少ない
こちらからアクセス↓


ふるさとチョイス
良いところ:掲載自治体が多い
改善点:自治体によっては申し込み~お礼品が届くまで時間がかかる(1~3ヶ月程度)、有名サイトのため人気自治体の争奪戦が激しい

%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94

4.寄付をしたあとはどうすればいいの?

好きな自治体を決め、そこに寄付した後はいったいどうすればいいのでしょうか。
ふるさと納税はその年の1月1日~12月31日までに寄付した分をまとめて、確定申告をする必要があります。ただし、2015年から制度が変更され、寄付先の自治体が5つ以下の場合は、申請書を出せば確定申告は不要となりました。便利ですね!
(ただし、もともと確定申告予定の人は、確定申告する必要があります)
詳しくはこちらのサイトをご確認ください。

%e3%82%ab%e3%82%ad

ふるさと納税の概略について説明しました。自分の好きな自治体に寄付ができ、さらに特産品などもらえたらうれしいですよね。
今後は、おすすめの自治体や管理人が寄付をした感想などをお伝えしたいと思います。