今回は山形県鶴岡市よりいただいたふるさと納税の返礼品の感想をアップしたいと思います。

ふるさと納税を行いたい方、簡単!4ステップでふるさと納税からぜひどうぞ!

山形県鶴岡市ってどんなところ?

鶴岡市は、山形県の西部に位置し、新潟と接している市です。
海に面している一方、出羽三山と呼ばれる羽黒山、月山、湯殿山の総称を擁してもいるので、海や山の幸に恵まれています。
かつての城下町の趣が残っている一方、慶應義塾大学先端生命科学研究所など、最先端の科学に関する研究所も存在しているそうです。
新旧の文化が共存しているなんてすごく素敵な町ですね!

今回はその鶴岡市に1万円の寄付で、メロン(2玉)とだだちゃ豆(1キロ)のセットをお礼品としていただきました。
え、理由ですか?
1万円の寄付で釣るお菓子の特産品が2種類もいただけるからです!!お得じゃないですか~(ほくほく)
メロンとだだちゃ豆は別送なので、今回は最初に届いた、庄内砂丘メロン2玉についてレポートをしますね。

庄内砂丘メロンってなに?

日本三大砂丘の一つである庄内砂丘は全国的にも有名なメロンの産地です。
砂丘地特有の昼夜の寒暖差や水はけの良さを活かしメロン栽培が盛んに行われています。
鶴岡の「だだちゃ」が丹精込めて作り上げたメロン3品種の味を存分にご堪能ください。(「だだちゃ」とは鶴岡の方言で「お父さん」という意味です。)

ふるさと納税サイトより引用-

なるほど~、砂丘の気候の特徴を利用してメロンを栽培しているんですね。
これは楽しみです!

納税をしてから3週間ほどでメロンが届きました。

おしゃれで素敵な箱に入っています。

説明もしっかり書いてありますね。

あけてみると・・・

こんな感じで2玉並んで入っていました。

アンデスメロンと

鶴姫レッドという種類です。ちょっと写真だとボコボコしてますが、食べる際には全く関係ありません。

アンデスメロンとは・・・現在の主流となっている山形のメロン。やわらかなグリーンの果肉とコクと甘さのある人気のメロンです。

鶴姫レッドとは・・・庄内砂丘の澄んだ地下水とおいしい空気で120日間じっくり育てられた「鶴姫」(鶴姫シリーズは平成10年にデビュー)は、肉質のしっかりした日持ちの良いメロンで、さっぱりとした食味が特徴です。果肉が綺麗なオレンジ色です。

庄内砂丘メロンのお味は?

ではさっそくいただきましょう!食べる数時間前に冷蔵庫に入れて冷やすのがコツだそうです。

実際に切って食べてみました。

こちらがアンデスメロン。
やわらかくて非常にみずみずしいメロンでした。
口に入れるとメロン特有の香りと、口の奥に響く甘さがたまりません。
美味しい!


こちらが鶴姫レッドです。
届いてから10日間ほどしてからいただきましたが、ちょうど良い食べごろでした。
少人数家族で、かつそんなに毎日メロンを食べるわけにもいかないので、日持ちするのはとてもありがたいです。
こちらはアンデスメロンに比べると甘みは少ないですが、上品でやさしい味でした。

シャクシャクとした歯ごたえが少しあるメロンです。

個人的にはアンデスメロンが好みでした^^

ということで、今回は山形県鶴岡市からいただいたふるさと納税のお礼品レポートでした!
だだちゃ豆はまだ届いていないので、届き次第アップしたいと思います。

 

ふるさと納税では沢山の地方の特産品をお礼品としていただくことができます。
こちらのさとふるでぜひお気に入りの自治体を探してみてください♪




モチベーションアップのためにランキングに参加していますので、宜しければクリックお願いします。

ふるさと納税ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村