コロナの影響で自宅で過ごす時間が増え始めたので、「美味しいお肉が食べたいっ!!」ということで、いくつかの自治体にふるさと納税をさせていただきました。

今回はその時に寄付をした自治体の一つ、青森県十和田市の短角牛のステーキセットをご紹介します。

短角牛ステーキセット

短角牛とは?

初めて「短角牛」という名前を聞いたのですが、調べてみると和牛全体の1%にも満たない、希少な牛の数類だそうです。名前の通り、角が短くて茶色い体の可愛らしい牛さんです。

短角牛は、黒毛和牛種のブランド和牛などと比べて、「サシ」と呼ばれる霜降りの脂分が少なく、赤身の割合が多い和牛です。脂身が少ない肉質の為、健康志向の方々にも注目されています。
短角牛の特徴は、和牛ならではの柔らかさを持ちながら歯ごたえもあり、噛めば噛むほど赤身肉の旨みがジワりと広がるところです。「サシ」は少ないですが赤身の旨味を堪能できます。-さとふる紹介文より-

ここからもわかるように、短角牛は脂身が少なく、赤身が多いので肉自体の旨味が強いのです。

ちょっと最近胃もたれがしている筆者にとって、これはすばらしいお肉じゃないか!ということで、注文をしてみました。

青森県十和田市のあおもり短角牛ステーキセット

こちらのステーキセットは寄付金額50, 000円で次のような内容がいただけます。

■内容量/原産地
・あおもり短角牛 サーロイン(180g)×3枚
・あおもり短角牛 リブロース(250g)×2枚

さとふるから寄付をして1ヶ月しないうちに届きました。5枚もあったので、複数回に分けてステーキとしていただきました。

じゅ〜っといい音が。

常温に戻し、塩と胡椒をふります。カッコつけてフランベをし、ミディアムレアを目指して集中…(よく焦げつかせるので)

こんな感じに焼きあがりました!いつも通り盛り付け&切り方が雑ですがご容赦ください。

肝心のお味ですが、め〜っちゃおいしかったです。噛めば噛むほど旨味が出る、とはこのこと!

赤身が多いとちょっと硬いのかなと思っていたのですが、全くそんなことはありませんでした。むしろ思っていたよりかなり歯切れがよく、サクッと噛めました。

何より、お肉の滋味深い味が口に広がり、大満足です。これはワインにあいますね。

他の和牛のサーロインって美味しいんですけど、たまに脂が多すぎて胃もたれをすることがあったのですが、短角牛は全くそんなことがありませんでした。

「口の中でとろける」ような柔らかさはないですが、くどくなくて、お肉本来の味が堪能できて、個人的にかなりヒットでした。

青森県にこんなに美味しいお肉があるとは…日本各地の様々な美味しいものに出会えることこそ、ふるさと納税の醍醐味ですね。

まだ少し残っているので、大切に食べます!お肉のギトギトが苦手な方に特におすすめです!!

下のバナーから「短角牛」で検索いただくと納税可能です。ステーキ以外にも様々な短角牛がありますよ。お値段も1万円から寄付可能です!

↑のバナーから「短角牛」で検索!

よろしければモチベーションアップのため、以下のバナーのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村