「ふるさと納税がお得って聞くけど、実際何がお得なの?」

「ふるさと納税すると税金が還ってくるらしいけど、どうやって?」

「どうやって自治体にふるさと納税したらいいの?」

などと思ってまだ納税をしていない方、いらっしゃいませんか?

今回はそのような素朴な疑問にお答えしたいと思います。

ふるさと納税とは?

2000円の自己負担額で様々な返礼品がもらえる!

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付をすることで、税金の控除を受けることができる制度です。

手続きをきちんと行えば、実質の自己負担額は2000円のみ!

つまり2000円の自己負担は発生するものの、その分素敵な返礼品がもらえるので、トータルとして見た場合かなりお得な制度、と言えます。

返礼品は寄付額の3割以下の金額相当とされているため、たとえば1万円の寄付をした場合、3000円程度の返礼品をいただけることになります。

この時点で実質負担額の2000円を超えるので、1000円分お得になっています。これを複数の自治体に納税していけば、どんどん返礼品がもらえる分、よりお得になっていくのです♩

どうやってふるさと納税をすればいいの?

ふるさと納税は、次の3ステップでできます。意外と簡単なのです。

  1. まずは寄付できる上限額を知ろう!
  2. 納税する自治体を吟味しよう!
  3. 控除手続きをしよう!

Step 1:まずは寄付できる上限額を知ろう!

実はここが一番大事です。ふるさと納税ができる上限額は、ふるさと納税をする方の家族構成や年収(所得)その年に受ける各種控除の金額などによって異なります。

そして、いろいろなサイトで控除額のシュミレーションができますが、どこのサイトもあくまで目安しかわかりません

ですので、はじめは算出された目安より少し低めの金額を上限に、ふるさと納税をするのが良いと思います!たとえば上限が4万円だとしたら、3万円〜3.5万円にするなど、慣れるまでは低めの金額でふるさと納税を楽しみましょう。

シュミレーションができるサイトはたくさんありますが、管理人は総務省のサイトをよく利用してチェックしています。

大体の年収×家族形態による概算表もあります!

Step 2 : 納税する自治体を吟味しよう!

上限額がわかったら、自分が気をしたい自治体を探してみましょう♪自分にゆかりのある自治体でもいいですし、返礼品で決めてもいいですし、とにかく「支援したい!」と思う自治体を探しましょう。

ふるさと納税をした場合、通常は確定申告をする必要があります。でも、確定申告って難しそうですし、なんだかめんどくさいですよね。

そんな方におすすめなのは、寄付する自治体を5つ以内に絞ること!

寄付する自治体を5つ以下にすることで、確定申告をしていない方(副業をしていない会社員の方など)は、確定申告が不要になります。便利!

Step 3 : 控除手続きをしよう!

確定申告をしない方は、寄付をした後に自治体から送られてくる「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄付した自治体に送るだけなので、とってもかんたん!

住所や氏名、誕生日、マイナンバーカードのコピーなどが必要となりますが、記入はあっという間です。

ということで、この3Stepでふるさと納税が完璧にできます。みなさんが想像するより全く難しくないので、少しでも興味を持った方はやってみてください。

ふるさと納税の返礼品には、こんな素敵な物がたくさん!!家計の助けにもなりますし、少し食卓が華やかになりますよ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】うなぎ蒲焼5尾(計800g以上)国産 都農町加工品
価格:24000円(税込、送料無料) (2020/10/8時点)




モチベーションアップのため、以下のブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村