2020年度のふるさと納税の寄付金額は過去最高に

日本経済新聞の8月3日の記事によると、ふるさと納税の件数・金額ともに過去最高を更新したそうです。

7月30日に総務省が発表した「ふるさと納税に関する現況調査結果」によると、2008年の制度開始以来13年目の昨年は件数・額ともに前年比1.4~1.5倍に急伸寄付額は6725億円と過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍の巣ごもりで高まった「おとりよせ消費」に対する関心が背景にある。

お得度も増した。本来なら料亭などで使われていた高級食材が返礼品市場に回ってきたことに加え、生産者支援を目的に農林水産省が返礼品調達費の半額を補助する制度を設けた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB312LS0R30C21A7000000/

この記事からは、昨年からの新型コロナウィルスの影響で外出や行楽を控える人が増え、その分の金額をふるさと納税に回したと考えることができます。

たしかに、私自身も外出や外食を極力減らし、旅行には全く行っていないので、その分ふるさと納税のサイトを見る時間が増えました。

というのも、ふるさと納税って、必然的に実施している全国の自治体を調べることにつながるんですよね。

「あ、この牛肉美味しそう」→「どんな生産者さんが作っているのかな」→「なんでこの地域は牛肉が美味しいのかな」→「どういう場所なのかな」と、芋づる式にその地域のことを知ることができるので、ある意味で脳内旅行をしている感じになります。

つまり、調べているだけで楽しいんです。

コロナ禍が落ち着いたら行ってみたい自治体、めちゃくちゃ増えました^^

受け入れ額ランキング!どの自治体が人気?

では、どの自治体が寄付金額が多かったのでしょうか。

受入額が多かった都道府県は、1位北海道(975億800万円)、2位鹿児島県(398億2,000万円)、3位宮崎県(365億4,400万円)、4位福岡県(364億9,300万円)、5位山形県(347億2,000万円)。

団体別では、1位宮崎県都城市(135億2,500万円)、2位北海道紋別市(133億9,300万円)、3位北海道根室市(124億4,600万円)、4位北海道白糠町(97億3,700万円)、5位宮崎県都農町(82億6,800万円)などとなり、上位20位に北海道の4市町がランクインする結果となった。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw9702577

北海道は不動の人気を保っていますね。返礼品ランキングでも北海道の市町村がランクインしていることが多くあります。

また鹿児島県や宮崎県も、うなぎや牛肉をはじめとした特産品が美味しくて人気です。

そこで以下、個人的に好きな自治体&返礼品をご紹介します!

人気自治体のおすすめ返礼品Best3!

①北海道白糠町の「いくら」1.3万円

北海道の白糠町では現在、コロナウィルスの影響で消費が落ち込んだため、いくらが増量されています!

このいくら、非常に美味しいと評判で大人気なんです。2020年度の楽天ふるさと納税ランキング第3位になっています。2パックに分けられて届くのも保存しやすくて人気のポイント。


②鹿児島県志布志市の「緊急増量!うなぎ」2万円

うなぎで有名な鹿児島県の志布志市からは、期間限定で増量された「訳ありうなぎ」をいただけます。

なんとうなぎ蒲焼真空パックが4~6尾(計740g以上)も入ったお得な返礼品。

もちろん鹿児島県産のうなぎを使用しており、本来ならばもっと高い納税額でないといただけません。

なぜお得になっているかというと、捌くときや焼くときにうなぎの形状が曲がった多物や、また大きな蒲焼や小さな蒲焼が入っているためです。 まさに不揃いの鰻達、その分内容量は負けていません。


③宮崎県都城市 前田さんちのスウィートポーク4キロ 1.5万円

お次に紹介するのは、ふるさと納税でダントツの人気を誇る宮崎県都城市。

都城市が一躍有名になった理由の一つが、「これでもかっ!!」というほどの爆量のお肉

この前田さんちのスウィートポークは、まさかの4キロの大容量です。嘘みたいな量ですよね。笑

しかも中身も、

・ロース切り落とし 500g×1 
・バラ切り落とし 250g×2 
・切り落とし 500g×5 
・ひき肉 500g×1

とバラエティに富んでいるのでいろいろな料理に使いやすいんです。

しかもこちらは、味が美味しいんです。

なんか、安い返礼品ってちょっと警戒するじゃないですか。「あ、味じゃなくて量に舵を切ったのかな」って。

でも、前田さんの豚肉は臭みもなく、食べやすかったです。切り落としに一部、硬めのお肉はありましたがそんなの全然気になりません。

決して「安かろう、悪かろう」ではなく、地元の美味しい特産品を自信を持って進めているのが都城市がダントツの人気を誇っている理由だと思います。

ということで、おすすめの都城市!前田さんのポーク、試してみてください。

あ、唯一気にすべきは冷凍庫の空き具合。どっかり届くので、保存場所は初めに確保しておかないと大変なことになります。(体験談)


今年度もふるさと納税は目が離せない!自治体の工夫を凝らした返礼品に注目!

2021年もコロナウィルスの猛威は続いていますし、新しい生活様式は続けざるを得ません。

外食や旅行が規制されるなか、全国の自治体では在庫として余ってしまった特産品を「緊急コロナ支援」などとして、通常よりもお得な内容で返礼品に加えています。

家にいながら、少しでも全国の自治体のお役に立ちたいと思う方はぜひ、ふるさと納税を検討してみてください。

返礼品をもらわず寄付だけをする納税方法もあるので、気になる自治体をチェックしてみてはいかがでしょうか。

こちらのリンクから検索してみてください!

「さとふる」でふるさと納税!