桃源郷でうまれたあら川の桃」

夏のフルーツといえば桃!

ということで、ふるさと納税で和歌山県紀の川市より、あらかわの桃をいただきました。

和歌山県の紀の川市は、温暖な気候と良質な地質に恵まれた場所で、さまざまなフルーツが有名です。

とくに桃山町というところは美味しい桃がたくさん取れる場所で、文字通り「桃源郷」と呼ばれています。今回の「あら川の桃」は、そんな紀の川市で生まれたブランド桃。

和歌山県紀の川市桃山町で育った桃が「あら川の桃」と呼ばれます。文字通り桃の町「桃山町」は、古くから桃の生産が盛んにおこなわれ、その歴史は江戸時代からといわれています。和歌山の温暖な気候と紀の川付近の水はけのよい土壌が美味しいあらかわの桃が育つ秘密です。

紀の川市の桃山町で6月中旬〜8月上旬に収穫される「あら川の桃」は、優秀なブランド品種として全国的に有名です。毎年春になると桃山町の辺り一面を桃の花が覆い、まるで俗界を離れた別天地のような景色が広がることから「桃源郷」と呼ばれ、その絶景を一目見ようと県内外から人々が訪れます。

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/30208/4622430

和歌山県紀の川市へ1.2万円のふるさと納税

今回はたまたま「あら川の桃」がふるさと納税の返礼日としてあったので、そちらを申し込みました。

※8月現在、「あら川の桃」は楽天では売り切れ状態で、さとふるさんからは申し込み可能となっています。

1.2万円の寄付をして、申し込んでから2週間ほどで届きました。

私が申し込んだのは7月上旬だったので、やわらかい状態で届きました。

7月中旬くらいからは晩生の硬めの桃が届くそうなので、追熟が必要になります。お部屋におけばオッケー。

箱を開けた瞬間から甘くて美味しそうな桃の香りがふわっと広がります。この香りがたまりません!

届いた桃は少し小ぶりの、ちょうどいい感じに熟した状態のもの8個でした。桃の底もとくに傷んでおらず、丁寧な梱包に感謝です。

さて、食べてみるととても甘くてジューシー!小ぶりなのであっという間に食べ切ってしまいます。

ものによっては少しまだ硬いものもあったので、ギリギリまで熟してから食べる方が美味しいなと感じました。

桃は納税のタイミングに注意!旬逃すと品切れのものも。

今回申し込んだあら川の桃ですが、8月現在は新規申し込みは受け付けていないようです。

そのかわり、7000円の寄付で和歌山県の旬の桃(種類はお任せ)をいただくことができるそうです。

届くまでどの種類かわからないというワクワク感も味わえ、かつ納付額も抑え目だからお得ですね!

こちらも受付は8月12日までなのでご注意を!

ご興味がある方は、以下のリンクから詳細をチェックしてみてください。


旬の人気特産品ランキング